結婚祝いは何を贈ると喜ばれる?私が友達に送った例をご紹介

結婚式

知り合いや友人、会社の同僚や先輩などから結婚の報告を受けたときは、そのお祝いとして結婚祝いを贈るのが一般的です。

結婚祝いとしてご祝儀を贈ると言うことも考えられますが、なにか記念に残る物や新婚生活で役立つ物を選んでプレゼントすることもあります。

結婚祝いを渡すタイミングやシチュエーション、送ったら喜ばれる物などについて紹介していきます。

結婚祝いを贈るタイミング

結婚祝いはいつ渡すのがタイミング的に適しているのでしょうか。また近頃は結婚式や披露宴を行わないカップルも増えていますので、タイミングを見計らうのが難しいことがあります。

結婚祝いとは

結婚祝いは新郎新婦をお祝いするために渡す贈り物のことです。もしも結婚式や披露宴に招待されているのであれば、その際にご祝儀を渡しますので事前の結婚祝いは不要です。

結婚式や披露宴に招待されておらず、結婚の報告を受けた時、結婚の報告は受けたければ披露宴を行わない場合は結婚祝いを贈り、新郎新婦をお祝いしてあげましょう。

結婚祝いはいつ送るのがベスト?

結婚式を挙げるカップルの場合、結婚祝いを贈るのは式の1か月前までに送るのがマナーです。結婚式まで一か月を切ってくるとさまざまな準備で新郎新婦は忙しくなります。

そのような時期に結婚祝いを贈ると新郎新婦の仕事を増やすことになりますので、できれば避けるのが望ましいです。ただし結婚式後に報告を受けた場合は、式の後で結婚祝いを贈ってもいいでしょう。

どんなシチュエーションで結婚祝いを贈る?

結婚祝いが用意できたらすぐに新郎新婦に渡したくなりますが、シチュエーションを選ぶこともマナーになります。

配送もしくは自宅に持参が基本

結婚祝いとしてご祝儀を贈る場合は、それほど大きな荷物になりませんので手渡しで渡してもいいでしょう。

しかし何か物を贈り物として選んだ場合、物によってはサイズが大きくて持ち運ぶのに不便になります。

受け取った相手のことも考えて結婚祝いはプレゼントを新郎新婦の自宅に持参するか、宅急便で送ってあげたほうが相手の負担が減ります。

また結婚披露宴や二次会の会場で贈り物を渡すのもマナー違反です。結婚式当日は新郎新婦の荷物は何かと多くなりますので、これ以上荷物が増えると大変だからです。

結婚祝いを手渡しで渡す時

宅配便ではなく手渡しで結婚祝いを渡したいときは、結婚祝いのパーティーを身内で開いた時に渡すのも案のひとつです。

たとえば仲の良い友人や同僚などごく近しい人だけで結婚祝いの食事会などを行ったときに、サプライズとして結婚祝いみんなで渡すと喜んでもらえるでしょう。

ただし手渡しで渡すときは贈り物を持ち帰ることも考えて、サイズや重さなどを十分考慮して商品を選ぶようにします。

私が送った物をご紹介

結婚祝いに物を選んで渡すとき、何を購入したらいいかで迷ってしまうでしょう。結婚はおめでたいことですので贈るのにタブーとされている物もあります。そのあたりもよく踏まえて贈り物を選びましょう。

結婚祝いに適した品物、適さない品物

これから新生活を始める2人はさまざまな生活必需品が必要になってくるでしょう。そこで結婚祝いとして喜ばれるのがお鍋や家電といったインテリアグッズなどです。

またはさみや包丁といった刃物類は「縁を切る」といったネガティブな意味を持っており、昔から結婚祝いにはタブーの品とされています。

食器類も同様で「割れる」「壊れる」という意味合いが込められていることから結婚祝いには適さないと言われています。

しかし近頃はそのようなタブーもあまり重要視されなくなってきており、新郎新婦が喜ぶ物を贈るという流れにかわりつつあります。

新郎新婦のリクエストに応えた

プレゼントでもらってうれしいのは、自分が欲しかった物をもらった時だと私は考えます。そこで私は新郎新婦に何が欲しいのかを聞いて、できるだけそのリクエストに応えられるようにしたのです。

新婦のリクエストは食器セットでした。本来結婚祝いではタブーの品ですが新郎新婦が欲しいというので私はあえて食器セットを選んでプレゼントしたことがありますよ。

新郎新婦はとても喜んでくれていたのでよかったと思います。もしも予算的に新郎新婦が欲しい物を購入するのが難しい時は、複数人で購入するという手段もあります。

また、もう1つのケースでは、新郎新婦ともに大の肉好きだったので、 お祝いギフトにぴったりな高級米沢牛を送りました。

普段なかなか食べられないリッチな米沢牛は、とても喜んでもらえましたよ!

このように、できるだけ相手の好みを考えて送ることができると、お互いハッピーですね。

まとめ

結婚祝いに贈る物の常識は変わりつつあります。何よりも新郎新婦に喜んでもらえるものを購入するのが一番です。

ただし渡すタイミングやシチュエーションについてマナーを守って渡すことが重要です。それが喜んでもらえる大きなポイントになるからです。

こちらの記事もどうぞ。
20代を謳歌するためにやっておくべき3つの事